お金を借りるならどこがいいのかについて

お金を借りるならどこがいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
誰でも不意な出費というものに直面してしまうことがあります。物事を計画的に進めることはもちろん必要ですが、例えば、交通事故を起こしてしまい、示談のために高額の賠償金が必要になってしまったり、あるいは怪我をして複雑骨折、手術にお金がかかってしまったが保険に入っていなかった。など、当人にもどうしようもできない場合も存在します。

融資と聞くと、保証人やら担保やらが必要だというイメージがありますが、誰でもすぐに用意できるものではありません。そんなときは消費者金融からのキャッシングに頼ることになります。消費者金融では無担保、無保証人でお金を借りることができます。

誰でも借りられるの?


まず、大前提として消費者金融を利用できるのは20歳以上の成人の人になります。そして、物的、人的保証がない中でお金を貸すわけですから、「一定の収入があること=返済能力があること」が必要になります。

スポンサーリンク


具体的には、正社員で働いている人はもちろん、派遣社員やアルバイトでも、定期的で安定した収入があれば大丈夫です。普通に毎日フルタイムで会社に行って働いている人であれば、そのあたりは問題ないといえます。

大学生や専門学校生の場合はどうでしょう。こちらも、20歳以上でアルバイトで定期的な収入があれば大丈夫です。できれば、毎日何らかのアルバイトをしていることが望ましいのですが、塾講師などを週に2、3回行っていても、安定収入があるとみなしてくれることもありますので、申込時に相談してみてください。

借りる資格がなさそうな人としては、無職の人(収入がないので当然ですが)や、日雇い派遣など単発の仕事しかしていない人などです。やはり、「定期的で安定した収入」というのが審査に通るポイントとなります。

誰にも気づかれずに借りられます


消費者金融の窓口に行ってお金を借りるのはやはり気が引けるものですが、大手の消費者金融であれば、コンビニやデパートなどに提携のATMがあり、審査通過後に発行されるキャッシングカードを利用して銀行から預金を引き出すのと同じような感覚で、簡単に目立たず、お金を受け取ることができます。あまり、心のハードルは高くないといえます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加