安全にお金を借りる方法について

安全にお金を借りるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加

お金を借りるということはある意味怖いことでもあります。「金銭の貸し借りは親子であっても他人」という格言があるように、たとえ親しい中にあっても、お金のやり取りについては厳格にしなければなりません。

むしろ、親しい人からお金を借りるということ自体、これまでの関係にひびが入りますし、こじれると大変なことになります。安全にお金を借りるには大手の消費者金融を利用するとよいでしょう。

大手消費者金融の安心感


消費者金融は銀行などと比べて金利が高いため、敬遠されがちで、イメージもよくありません。「高利貸し」などという昔ながらのレッテルもありますが、実際のところ大手の消費者金融は法律に従って厳格に運営されているため、むしろ安心なのです。

金利は確かに高いのですが、逆にいうと、その金利さえしっかりと支払って返済をする限り、その融資取引自体が法律で保護されます。知人に借りたりすると、そのあたりが厄介です。

返済についても滞ったとしても、契約した遅延金を支払うことで、裁判沙汰などは最後の手段となります(もちろん、それ以降その消費者金融からは借りられなくなると思いますが)。あくまで、法に則って、物事を穏やかに進めることが消費者金融なのです。

違法金融には注意


一般的な「借金取りが家まで押しかけて怒鳴り込んだり、暴力をふるったり」というのは、大手消費者金融ではあり得ません。そのようなこと自体が違法行為なのですから当然です。しかし、よく町中にあるような捨て看板に「即日入金 電話はここ」のようなものはほとんど、法律の許可のない違法金融=「ヤミ金」であると解釈してください。

電話番号が固定ではなく携帯番号ならば100%違法金融だと思ってもいいです。違法金融は、誰でも簡単に融資を受けらますが、金利も法外、法律の枠外なのですから何でもアリです。当然取り立ても、違法行為を平然と行ってきます。威嚇行為や暴力などさまざまに脅しを使います。このような違法金融に引っかからないためにも、大手消費者金融の安全なキャッシングサービスを利用しましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加