アルバイトなどのフリーターがお金を借りる方法ついて

アルバイトなどのフリーターがお金を借りるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融からお金を借りる場合、必ずしも正社員である必要はなく、アルバイトなどのいわゆるフリーターであっても融資は可能です。もちろん、正社員のほうが審査で有利なことは事実ですが、アルバイトでも働き方次第では十分に融資を受けられる可能性があります。

融資が受けられるアルバイトの働き方とは?


お金を貸す消費者金融の側としては、とにかく継続的に安定した収入を生み、しっかりと返済を行ってくれる人であることが重要になります。正社員であっても新入社員など、まだどうなるかわからない人については、審査に通過できる難易度は若干高くなります。

アルバイトであっても、長い期間継続して働いていて、十分に返済が可能だと判断されれば、融資を受けることは可能です。アルバイトでも融資を受けらえる条件としては、できれば「週日フルタイムで働いていること」が挙げられます。つまり、見かけ上は正社員と同じような働き方であれば、それに準じて融資が行われると解釈してください。

塾講師や家電量販店、飲食店でのアルバイトを週に3日、4日のペースで行っている場合は、毎月の収入や勤務先の会社の信用、アルバイトを継続している期間などから判断されます。当然ですがアルバイトであっても勤務先へ在籍確認のための電話は入ります。偽ることは決してできないのでご留意を。

逆に融資が厳しいのは単発のアルバイトや、いわゆる「日雇い派遣」など収入が安定しない場合です。その場合は融資についてはかなり難しくなると理解してください。

ただし、やはり正社員のほうが有利


収入の安定したアルバイトだとはいっても、やはり正社員のほうが有利なことには変わりありません。例え正社員とアルバイトで収入が同じであったとしても、審査で利用限度額を高く設定してもらえるのは信用度の高い正社員です。

あくまで、アルバイトの場合は、その継続的な収入によって、審査の項目の1つ(安定収入があること)がパスできるに過ぎないというくらいの認識でいてください。とはいえ、融資が不可能なわけではありませんから(実際にはアルバイトでも日雇い労働者でなければかなりの確率で審査に通る)、本当にお金が必要なときは消費者金融に申し込みをしてみましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加