夜の仕事をやっている人がお金を借りる方法について

夜の仕事をやっている人がお金を借りるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホストやキャバクラ、ホステスなどいわゆる「夜の仕事」をしている人が消費者金融からお金を借りることはできるのでしょうか。

結論から言いますと可能ですが、通常の場合と異なり、確定申告書や納税証明書などの公的な収入証明書の提出が必要になる場合が多いです。これは収入の多い少ないの問題ではなく、その職業の安定性を測るために必要とされます。

夜の仕事の特質と安定性について


おそらく時間単価で考えれば、夜の仕事は普通の仕事と比べて割がよいと思います。

学生のアルバイトで夜の仕事を行っている場合などでも、フルタイムでなくても、週3日、4日の勤務で普通の仕事の収入をはるかに上回る収入を得ることも可能です。

スポンサーリンク


それならば、収入があるのですから融資を受けやすいのかというと、答えはNOです。それは、夜の仕事の特性によります。夜の仕事は、簡単に短期で多くの収入を得ることができますが、そうした目的ゆえ、簡単に辞めてしまう人が多い傾向にあります(さっさと稼いですぐに辞めるということです)。

そのため、「職種」としてみると、継続的に仕事をする人が少ないので、貸すほうとしてもリスクがあります。そのため、確定申告書や納税証明書などの公的な証明を提示させて、継続的に働いているという確認をするのです。これは本人の問題というよりも職業ゆえの問題であり、ある種仕方のないことです。

偽装会社の利用もリスクは高い


夜の仕事の場合、雇用関係を結ばずに、その日の分はその日のうちに現金で渡すようなところも少なくありません。所得税を引いて渡しているのかも定かではなく、申告をしようという人は少ないでしょう(そもそも収入を示す書類が渡されているのかさえ不透明です)。

このような職業では、やはり消費者金融の審査も慎重にならざるを得ないということですね。逆に、そうした中で、夜の仕事をしている人でも融資を受けるのを可能にするために、偽装会社(アリバイ会社)なんてのもあります。

偽装会社を利用すれば、職業を偽って申し込みをすることもできますが、バレると融資がなされないだけでなく、即ブラックリス行きになるでしょう。そうしたリスクも承知しておいてください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加