母子家庭の人がお金を借りる方法について

母子家庭の人がお金を借りるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加

旦那さんが何らかの事情でいなくて、母子家庭でお子さんを育てていらっしゃる場合でも、消費者金融からお金を借りることは可能です。

ただし、母子家庭であったとしても、安定収入があることが消費者金融に申し込みができる条件になります。安定収入があれば、総量規制の範囲内(年収の3分の1まで)での借り入れが可能です。

母子家庭だからといって特別扱いはされません


母子家庭の場合、公的支援制度が充実しているなど、母子家庭の世帯は、収入が高くないという現実に合わせた政策が、自治体や国単位では行われています。

例えば、生活保護に際しても「母子加算」といって母子家庭の場合は通常よりも多い金額を受け取ることができます。しかし、これはあくまで公共サービスの話。民間企業である消費者金融では、そのような優遇策はまずないと思ってください。優遇したところで消費者金融側にメリットは何一つないからです。

むしろ、母子家庭は一般的に生活が不安定で厳しいというイメージがあるため、審査では不利になりがちです。大切なのはどのような仕事に就いていて、それが安定性があるのか?定期的な収入があるのか?など、あくまでも一般の方と同じ審査基準で見られます。

母子家庭であっても、お母さんが公務員で安定した収入があり、将来的にも安定した収入が保証されているのであれば、審査では有利になりますし、逆にどんな名家で親が大企業の役員などであっても、肝心の娘が収入が不安定な夜の仕事だったりすると、当然ですが審査では不利になります。あくまで、申し込みをする本人に安定収入(特定の職場で毎月一定額の収入が得られる仕事をしている)があるかどうか、という点が重視されるのです。

生活保護は安定収入とみなされません


母子家庭の場合、収入面で恵まれないことが多く、生活保護受給率が高いのは事実です。もちろん、そうではなくて独力で頑張っておられる家庭も多いのも承知しています。母子家庭であることが審査に際して問題にはなりませんが、無職で生活保護費のみで生活をしている場合は、消費者金融からの融資はまず受けられないと考えてください。

生活保護は収入ではなく、自治体からの福祉です。働いても「健康で文化的な最低限の生活」ができない部分についてのみ補助をするものですので、生活保護費は消費者金融では安定収入とみなしてくれません。この点は注意してください。

尚、生活保護を受けている方でも、労働収入があれば、消費者金融に融資の申し込みは可能ですが、その労働収入(生活保護を受けているなら少ないはずなので)が安定収入とみなされるかどうかは、消費者金融の判断によります。審査結果はすぐに出ますので、まずは申し込みをしてみましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加