パチンコなどのギャンブルが目的でもお金を借りる場合について

パチンコなどのギャンブルが目的でもお金を借りることは可能?

このエントリーをはてなブックマークに追加

結論から言うと、パチンコなどのギャンブルが目的でもお金を借りることは可能です。消費者金融から借りるお金は、銀行の「住宅ローン」やカーローン」などの利用用途を限定したローンと違い、「フリーローン」と呼ばれ、利用用途についての取り決めはないからです。しかし、申し込む際には注意が必要です。

ギャンブルというマイナス要素


フリーローンとはいえ、申し込む際にはその利用用途を聞かれます。その時に正直に「パチンコに使うから」などと言ってしまっていよいのでしょうか。答えはNOです。審査にはまず通過できないでしょう。ギャンブルをするためにお金を借りるような人は、当然、お金の管理ができなく、使い方も雑、浪費癖があると判断されても仕方がないからです。

例え収入があっても、それを使い潰してさらにお金を借りてギャンブルにつぎ込みます、と自分から宣言している人にお金は貸せませんよね。ギャンブルで生計を立てられるような「プロ」の人であっても、消費者金融側ではそこまで見抜けません。ギャンブルで勝ち続けることが難しいことは、言うまでもないことであり、まさにお金を貸すことがギャンブルになってしまいます。

「本音」と「建前」の使い分けが必要


消費者金融の融資に申し込みをすると、利用用途を聞かれることが多いですが、ここは、嘘も方便で、「建前」を言いましょう。「生計費に当てる」で十分です。具体的に何を買うのかまではあまり深く追及されません。自分からあえて地雷を置く必要はないのです。

親族が事故で入院してお金が必要になった、などのよくありそうな話を作るのもよいでしょう。大切なのは「建前」を使って借りたお金であっても、何が何でも返済するということです。毎月きっちりと返済さえすれば、消費者金融にとってはよいお客さんです。そこの「本音」と「建前」を理解してください。

安定収入がないとお金は借りられない


ギャンブルの危険性云々については、ここでは触れません。厳しく自分を律せる方だと信じています。ただ、借りたお金をギャンブルに使うにしても、そもそも申込者に安定収入がなければ、消費者金融からお金を借りることはできません。

それがなければ、人の金で遊んでいるただの無職です。そういう人にはお金は貸せないのは言うまでもないので注意してくださいね。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加