外国人がお金を借りる方法について

外国人がお金を借りるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人の方でも日本の消費者金融からお金を借りることは可能です。ただし、そのためには通常の審査にあたっての要件をクリアすることに加えて、別のハードルもクリアしなければいけません。なぜそのようなことが必要なのか、解説していきます。

消費者金融を利用できる最低条件とは?


外国人であっても融資に当たって特別扱いは一切なされません。貸したお金を返せるかどうかのリスクは、日本人と何ら変わらないのですから当然です。20歳以上で安定した仕事に就いていて、継続的な収入がある人が消費者金融を利用できる対象になります。

尚、本人確認書類は、日本人と同様に運転免許証かパスポート、保険証が必要になります。もっとも、日本生まれの外国籍の方でない限り、日本へやってきたのですからパスポートは持っているとは思いますが・・・。

加えて必要なのは?


外国人の場合、上記の条件をクリアした上で、「在留カード」または「特別永住者証明書」の提出が必要になります。しっかりと、日本に地に足をついて働いて生活していることの証明でもあります。また、日本語能力があることが前提になります。

日本語検定の証明などは必要ありませんが、しっかりと日本語の約款を理解できて、日本語でやり取りができないと、金銭貸借という行為は難しいからです。従って、日本国内の外資系企業で働いている外国人で、収入は多いけれども社内の公用語は英語なので、日本語は必要なくてほとんど話せない、という人は融資が難しいことになります。

外国人にお金を貸すリスクについて


「在留カード」などが必要なのには理由があります。外国人の中には「観光ビザ」や「留学ビザ」で来日したり、短期で「出稼ぎ」に来ている人も少なくありません。消費者金融からお金を借りた後に、返済せずに母国へ帰国してしまっては、その後の追跡ができなくなってしまいます。

警察や関係機関に相談すれば可能なのかもしれませんが、手間と時間、それにかかるお金を考えると、非効率で結局は泣き寝入りです。そのようなリスクを回避するために、長期的に日本に滞在し所在もはっきりとしていることの証明を求めるわけです。そういった背景をご理解ください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加