お金を借りるのに必要な口実について

お金を借りるにはどんな口実が必要?

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融を利用しなければならない理由は人それぞれあるかと思います。ただし、申し込みの際には借りたお金の利用用途を聞かれることが多いです。

住宅や車の購入などであれば、より低金利な銀行などからの借り入れも可能ですが、そうではない場合は消費者金融を利用せざるおえません。「実際の理由」と「表向きの理由」に差があっても構いません。

消費者金融からの融資の利用用途


消費者金融は「フリーローン」と呼ばれる特に利用用途を定めていない融資の場合が多いのですが、それでも借り入れの申し込みの際は何に使うのかを聞かれることが多いです。そのときに注意していただきたいのは、そのお金が例えギャンブルなどに使うためであっても(それは果たして正しいのか・・・、という意見もありますがここでは考えません)、その通り答えてはいけません。

また、他から借りたお金の返済という利用用途もNGです。このような人は、闇金融などから多重債務に陥っている可能性が高く、明らかな「地雷」だと判断されますし、違法業者との取引がある可能性も勘ぐられます。

まさにあぶく銭に消える可能性の高いものをわざわざ貸すということは、建前上、消費者金融は行うことはできませんので(消費者金融は法律で定められたものだということに注意してください)、「生計費」などと答えるのがベターです。旅行や趣味のものの購入など「遊興費」でも構いませんが、当面の生活費に困った人が、一時的に利用することを願い出たほうが印象はよさそうです。

有給休暇の申請の際に、「家でゲームする」とか「恋人とデート」と書いて申請する人はいませんよね。たいていは「私事都合」。それと同じです。また、「家族が急病で入院して手術代が必要」とか「親が実損事故を起こしてしまい示談金が発生」など急な理由を示すと、審査に通りやすくなるようです(少なくともマイナスにはなりません)

嘘も方便です


こういってしまうと元も子もないのですが、「嘘も方便」です。もっともな理由をつけて、お金を借りるようにしましょう。貸すほうもそれなりの「表向きの理由」があれば貸しやすくなります。そのあとは、しっかりと返済してくれれば「よいお客さん」なのです。

返済実績を積むことで信用が生まれ、融資限度額も(総量規制の範囲内で)増えていきます。入院の証明書などを要求されることはまずないようですが、もっともらしい理由をつけて変なマイナス要素は避けるようにしたいものです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加