電話による在籍確認について

電話による在籍確認なしでお金を借りることは可能?

このエントリーをはてなブックマークに追加
結論からいうと、電話による在籍確認なしでお金を借りることはまず不可能だと思ってください。いくら借りる金額が少額であったとしても、保証人や担保がない中で、まったく知らない人にお金を貸すわけですから、消費者金融であっても回収できないリスクや自分の会社の社会的信用を勘案して、職場への在籍を確認することで、安定収入があるか否かを判断しなければなりません。

電話確認に心配はいりません


電話で「●●ローンのものですが」と会社にかかってくることを怖れているのだと思いますが、消費者金融側もそのようなことはしません。なぜなら「申し込み時に申告のあった勤務先で働いている」ことさえ確認できればよいのです。

従って、実際の電話のケースでは、「○○といいますが、△△さんはご在籍でしょうか」など個人的な知人のように電話をかけてきたり、「生命保険会社のものですが・・・」などと差しさわりのない業種を名乗って本人に代わってくださいといいます。

スポンサーリンク


このとき、本人が席にいるかどうかは重要ではありません。席にいれば代わって少し電話で話しますが(「本人確認ご協力ありがとうございます」程度の会話です)、在籍していなくても、会社の人から「△△は今外出していますが、いかがしましょう」などと、その人がその会社にいる「言質」が取れれば十分です。

従って、怖れることはありません。会社が休みだったりしますと、別の日に電話をかけてきます。とにかく、電話によって本人確認ができない以上は融資がなされませんので、逃げていても意味がありません。

むしろ、電話を怖れる態度がナイナス


申し込みの際に、「電話確認はできればやめていただきたいのですが・・・」などとその時点で話すと、むしろ消費者金融側の心証が悪くなります。「ひょっとして無職?」とか、「人に言えないようなやばい仕事なんじゃないか」とか、そういうことを勘ぐられかねません。融資が実行されてもひょっとすると「要注意リスト」に入るかもしれません。

法律に則って融資を受けるわけですから堂々としていてください。不安は感じる必要はありません。なお、融資を受けて、あまりにも返済が実行されない場合で、本人の携帯電話に何度電話しても出ない場合は、プレッシャーをかける意味で、職場に電話をかけてくる場合もあるそうです。それはまた、別の話ではあります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加