お金を借りることのデメリットについて

お金を借りることのデメリットとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融からお金を借りるときに心配なのはその金利ですよね。銀行などと比べてやはり高いのは事実ですし、保証人や担保が必要ない以上仕方のない一面もあります。従って、「ご利用は計画的に」とよく宣伝されるのも、キャッシング地獄に陥って、返済に追われてしまうことを防ぐ意味もあります。ここでは、そのようなデメリットについて考えていきます。

金利はどのくらい?


消費者金融の広告を見ると「金利4,5%〜18%」などと示されている場合が多いかと思います。金利の上限は、以前は「出資法」と「利息制限法」という異なる法律で規定されていて、細かい内容は省きますが、両者の隙間をぬって「年利20%〜29.2%」のいわゆる「グレーゾーン金利」を設定する業者が多く存在し、金利に追われる個人が社会問題となっていました。

現在はそれらが統合され、「改正貸金業法」によって上限金利が
  • 元金10万円未満:20% 
  • 元金10万円以上100万円未満:18% 
  • 元金100万円以上:15%
となりました。

しかし、例えば10万円を借りる場合、ほとんどがその上限の18%だと思ってください。4.5%に設定されることはまずありえず、特に初回は上限の18%だと思っていただいてもいいくらいです。それを踏まえて、返済計画を立てなければなりません。金利が高いので、下手をすると、金利の返済だけしかできず、元本が一向に減らないということもありえます。返済のためにほかの消費者金融から借り入れを受けるという、「魔の連鎖」が始まります。

早く返済することのメリット


ただし、消費者金融の場合、利息の返済は「実質年率」で計算されます。すごく煩雑なのですが、わかりやすく書きますと、元本が減れば利息の絶対額も減るというもの。返済は通常、利息だけではなく元本も返済していきますよね(そうしないと、一向に返済できないわけですから)。

10万円借りたとしましょう。金利は上限の18%。そうすると、返済利息は年間で

100,000×0.18=18,000円 となります。

これを12か月で割ると、1500円/月になります。それでは、毎月1500円返済し続けなければいけないかというとそうではなくて、元本も合わせて返済していきますので、例えば、10,000円の元本を毎月返済するとすると

初回:10,000円(元本)+1500円(利息)=11,500円の返済ですが、

2回目は元本を引いた残り90,000円×18%=16,200円の月割り、1350円が返済利息になります。つまり、

第2回:10,000円(元本)+1350円(利息)=11,350円の返済になります。

つまり、早く元本を返済すればするほど、支払利息の金額が減っていきます。ですので、早めの返済で、支払う金利を抑えることができます。是非早めの返済をお勧めいたします。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加