大学生がお金を借りる方法について

大学生がお金を借りるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生でも消費者金融からお金を借りることは可能です。

ただし、学生だからといって審査が甘くなることはなく、アルバイトの職種や勤続期間、月の収入など勤務先情報から総合的に判断されるのは、フリーターの場合と変わりませんので注意してください。

大学生でお金を借りられるためには?


何より、アルバイトをして定期的な収入あることが大切です。無収入の場合は、無職の人と同じく融資を受けることはできません。

また、基本的に大学生であっても、消費者金融から融資を受けることができるのは20歳以上の成人に限られます。

尚、一部の消費者金融の中には、20歳以上ではなく18歳以上で融資が可能としているところもあるようですが、18歳、19歳は未成年ですので、お金を借りるという法律行為を行うためには、親の同意が必要になります。この場合、当然親にもばれることになります。

どのようなアルバイトならよいのか?


特定の職場にて毎月一定の収入のあるアルバイト(違法なものを除く)であれば大丈夫です。もちろん、借入希望額が50万円以上の場合は、貸金業法の決まりにより収入証明書の提出が必要になります(借入希望額が50万円以下であれば不要)。

尚、単発のアルバイトや日雇い派遣のような継続性のないものは認められません。あくまで、返済の担保となるような定期的な収入があることが必要です。とはいえ、会社員のように毎日朝から夕方までフルタイムというのは学生では無理だと思いますので、そのアルバイトの内容によって審査がなされます。

コンビニやレストランの店員や、学習塾の講師などのアルバイトであれば、雇用も安定していますし、収入も定期的に得ることができます。決まった曜日の決まった時間であっても、それが証明できれば、融資の審査の際「安定収入」として認識してもらえるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加