お金を借りるのと年収の重要性について

お金を借りるのに年収は重要?

このエントリーをはてなブックマークに追加
結論から言うと、お金を借りるにあたり年収は重要な要素の一つです。そもそも収入がない=年収ゼロの人はお金を借りることができませんので、年収が高いことは非常に重要な要素になります。もちろん、年収の高さだけで全てが決まるわけではありません。ほかの要素も消費者金融の審査では考慮されます。

消費者金融融の審査に関わる諸要素


消費者金融の貸付審査は、申込者の本人確認をすることを前提に、そのほかの経済的、社会的要素を考慮して決定されます。具体的には、年収もそうですが、職業や雇用体系(正社員か非正社員)か、年齢、勤続年数、既婚か否か、持ち家の有無などが総合的に判断の材料となります。

当然、安定している公務員や大企業の社員でしたら審査も通りやすくなりますし、定年間際の人よりも働き盛りの人のほうが返済能力は高いので、審査では有利になります。年齢の割に勤続年数が短い人、あるいは転職を繰り返している人などは、今の仕事をいつまで続けるのかわからない人だと思われるので、審査では不利になる傾向にあります。

スポンサーリンク


年収が低くても審査で有利になる場合もあります


働いていなくて収入がない人はそもそも申し込めないので論外ですが、年収が低くても審査で有利になる場合もあります。安定的に長く働ける職業であったり、雇用形態が正社員であったり、勤続年数が長ければ、それだけ継続的な収入が見込めるため、返済能力があると判断されます。

もちろん、消費者金融などの貸金業者からの融資には「総量規制」があるため、融資の上限は年収の3分の1までになりますので、融資可能額はそれほど高くはならないかもしれません。一方、年収が高くても、安定しない職業の人(芸術業や作家など)は、この先も十分な収入が見込めるかわからない面もあるため、審査では不利になるかもしれません。

尚、年収100万円未満で雇用形態がアルバイトでも、特定の職場で毎月決まった時間働いていれば、安定収入があるとみなされるので、消費者金融から融資を受けることは可能です。

年収は高いことに越したことはない


とはいえ、年収が高いことは有利な条件です。必然的に融資可能な限度額が高くなるわけなので、少ない金額を借りれば、返済はより容易です。

年収が高いということは、能力や社旗的ステータスもあるということの裏返しでもありますので、信用度も高く、消費者金融にとってもいいお客さんになりますので、それだけ有利になります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加